2018.03.04

注文住宅の床材はどう選ぶ? 選び方のポイントを詳しく解説

植木 宇幸

広報

注文住宅の過ごしやすさや内観の印象に大きな影響を与える床材。何気なく選んでしまうと、イメージと異なる部屋になってしまうことがあります。家を建てる方は、床材選びにこだわりましょう。このページでは、床材を選ぶ時に気を付けたいポイントと目的別にお勧めの床材を紹介しています。注文住宅を建てる前に確認しておきましょう。

注文住宅の床材はこう選ぶ

注文住宅に用いられる床材には、フローリング・クッションフロアなどの種類があります。中でも多く用いられているのがフローリングです。フローリングは、大きく「無垢フローリング(単層フローリング)」と「複合フローリング(複層フローリング)」に分かれます。床材は、これらの特徴を理解してニーズに合っているものを選びます。

無垢フローリング

単一の木材から切り出した一枚板を加工した床材です。単に、無垢材と呼ばれることもあります。特徴は使用する樹種により異なりますが、木が持つ本来の味わいを楽しめる点は共通しています。

メリット

さらりとした質感、柔らかな歩き心地が魅力です。木の良い香りが部屋を包んでくれる点も見逃せません。機能性も高いとされています。空気を多く含むので、断熱性・保温性は高いようです。また、じめっとした日は湿気を吸って乾燥した日は湿気を放出する調湿機能も期待できます。

デメリット

湿気に応じて膨張と収縮を繰り返すので、反りや割れなどが発生しやすいといわれています。ケースによっては、継ぎ目に隙間が出来ることもあるようです。水や傷に弱い点もデメリットとして挙げられます。小まめな手入れが必要になると考えたほうが良いでしょう(シミや傷は削って補修できます)。

複合フローリング

集成材や合板などの表面に化粧材を貼った床材です。複層フローリングと呼ばれることもあります。プリントしたシートを貼り付けるシートフローリング・薄くスライスした天然木を貼りつける突き板フローリング・1mm~3mm程度に切り出した板を貼り付ける挽き板フローリングに分かれます。

メリット

複合フローリングのメリットは、品質が安定していること。集成材や合板を使用するので、品質のばらつきが少ないとされています。割れや反りなどが発生しづらい点、さまざまなデザインを選べる点、さまざまな機能性をプラスした床材が登場している点も魅力です。

デメリット

無垢フローリングに比べると、やや硬い歩き心地になります。好みの面はありますが、質感では無垢材に劣るといわれています。また、無垢材のように傷を削って補修することはできません。

クッションフロア

塩化ビニールにクッション材を入れた床材です。トイレや洗面台などに多く用いられています。

メリット

塩化ビニールを使用しているので水や汚れに強いとされています。また、クッションが入っているので、高齢者や子供がいても安心して使用できます。

デメリット

塩化ビニールを使用しているので、熱に弱い特徴があります。また、クッションが入っているので長期間家具などを置いているとくぼむことがあります。

目的別にお勧めの床材を紹介

床材は、はどのような基準で選べばよいのでしょうか。目的別にお勧めの床材を紹介します。

木の質感を楽しみたい

さらりとした肌触り、柔らかな温もり、癒される芳香などを楽しみたい方には無垢フローリングがオススメです。複合フローリングでは表現できない本物の味わいがあります。経年変化を楽しめる点も魅力です。適切にメンテナンスすれば、一緒に年を重ねていけます。一般的に、ウォールナットなどの広葉樹よりも杉やヒノキなどの針葉樹の方が肌触りは良いといわれています。

安心・安全の室内環境を作りたい

シックハウス症候群を防ぎたい方などにも無垢フローリングはお勧めです。基本的に、接着剤を使用していないので、シックハウス症候群の要因と考えられているVOC(揮発性有機化合物)を含みません。転倒に備えたい方は、クッションフロアを選ぶとよいでしょう。

メンテナンスを楽にしたい

管理の手間を省きたい方には複合フローリング、クッションフロアがオススメです。基本的に、特別なメンテナンスを必要としません。無垢材を選びたい方は、ウォールナットなどの広葉樹を選ぶとよいでしょう。硬さがあるので、広葉樹に比べると傷つきにくいといわれています。

コストを抑えたい

建築コストを抑えたい方は、複合フローリングを選ぶとよいでしょう。無垢フローリングほど工事に手間がかからないので、建築コストを抑えられます。メンテナンス費用を抑えられる点も魅力です。コストを抑えつつ無垢フローリングの雰囲気を楽しみたい方は、挽き板フローリングを選ぶとよいでしょう。ややコストは上がりますが、無垢材に似た雰囲気を楽しめます。

注文住宅の床材は見た目や機能を考えて選ぶ

注文住宅の床材には、さまざまな種類があります。それぞれ特徴が異なるので、床材は見た目や機能を考えて選ぶことが重要です。特に多く用いられているのが、フローリングです。フローリングは、無垢フローリングと複合フローリングに分かれます。木の質感を楽しみたい方は無垢フローリング、メンテナンスの手間を減らしたい方は複合フローリングを選ぶと間違いないでしょう。以上を参考に、床材を選んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなただけの
リゾートな家を建てる

CONTACT

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。