2018.02.26
ブログ

カジャデザイン料理部スピンオフ企画
in スリランカ

神成 一生

コンシェルジュ

旅を通して本場のスパイス文化に触れる

コンシェルジュ神成です。
会社の出張でスリランカに行って参りました。
第一弾リポートはこちらから。

リゾート建築のルーツを探る、ことが大きなミッションなのですが、
それぞれの役割で個人個人に課せられた課題は多く。。
カジャデザイン料理部員の私としては、本場のスパイス文化に触れることもミッションの一つでした。

ローカルレストランでスリランカカレー

スリランカカレーとは、フィッシュカレーの別名を持つ通り、鰹出汁が味の決め手。豊富なインド洋の漁場に囲まれた、恵まれた立地がそのカレーの歴史を紡いでいます。
今回は、ダルカレー(レンズ豆のカレー)と鰹カレーに、焼き野菜を添えて。

宿泊するホテルは日々変わります。全員がスリランカ初の為、食事も偏らない様にアレンジしておりました。
が、私の個人的なミッションは、【現地食を食べつくす】ことでしたので、他のメンバーから、【何それ?】と言われながらも、朝からスリランカカレー、昼もローカルカレー、夜も出来るだけスリランカ料理を食べる様、努めました。
母のお陰か、インドネシア在住時に鍛えられたのか、もう若くもない私の自慢は強靭な内蔵。火が通っていれば基本的に大丈夫という、野生の感みたいなもので、ここまで生きて来られたことに感謝です!

アマンウェラではスリランカカレーのランチを。
黒米にパリパリ食感がアクセントに。付け合わせの野菜やココナツで出来た調味料が、伝統的なスリランカンスタイル。見た目とは裏腹に、かなりスパイシー。

新鮮な魚介類が市場に。市場近くのタイ資本の大型リゾートホテル、アナンタラ ピースヘブン タンガッラ リゾート&スパ内のイタリアン IL MALEにて。今回の出張で遭遇した激うまイタリアン。
海老とズッキーニのリガトーニ  ピスタチオ風味のクリームソースで。

スリランカ滞在中の最後の朝は、勿論スリランカカレーを選択。
料理部としては、ココのがお勧め!
餅米を蒸したピットゥ(Pittu)と共に食す、トラディショナルスタイル。

リゾート建築家ジェフリー・バワが初めて手掛けたブティックホテル。パラダイスロード・ザ・ヴィラ・ベントータ。
スタッフのサービスも細やかで好感が持てました。
ホテル&バワ建築レポートは、また改めて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。