目次

工法と構造

本当に心が解放されるリゾートハウスを
支えているのは「見えない安心」です

安心の体制

見えない安心が心地よさを支える

住む人の愛着に永く応え、親から子へと受け継がれていく本物のリゾートハウスがカジャデザインのめざす住宅です。歳月とともに味わいを増していく無垢素材や艶やかな天然石の輝き、オリジナリティあふれるデザインへのこだわりは当たり前ですが、耐震構造や断熱性能などもお客様のご要望次第で選ぶことができます。

住まいの構造面にまでお客様が選択できる自由度の幅を持たせつつ、一方で、空間デザインと両立することが大切だと考えています。

たとえば、耐久性に優れた住まいを実現するために、居住空間を圧迫する構造になってしまってはリゾートをコンセプトとした住宅とは言えないでしょう。断熱性についても、熱の多くが窓から逃げるからといって、開口を減らし、あまりに小さくしてしまっては、求める開放感を得ることができない場合もあります。

本当に心が解放されるリゾートハウスを支えているのは、断熱性能や強靭な構造の採用など、決して妥協することのない住宅スペックの追求なのです。

確かな地盤調査

大規模ボーリング調査に匹敵する地盤調査を実施。

都市において地震などの災害に備えることは、今や常識と言っても過言ではありません。躯体
構造の頑丈さや耐震性と同時に重要なのが、きちんとした地盤調査です。

多くの住宅メーカーで採用されているのが「SS式」という、測定項目数の少ない簡易的な地盤調査ですが、カジャデザインは「SDS式」という一クラス上の地盤調査を行っています。大規模ボーリング調査に匹敵する精度で土質判定まで行い、的確な地盤評価を可能にしました。

軟弱な地盤では、建物をいくら強靭な耐震構造としても、地震などで液状化や不同沈下の危険性があるからです。建築の技術者集団としての豊富な実績を礎とするカジャデザインでは、地盤調査の重要性を他のどんな住宅会社よりも認識してきました。SDS式による地盤調査を標準で採用しているのもそのためです。

どんな土質・地盤であるかを知り、適切な地盤改良を行うことによる「見えない安心」が、住まいをより快適なものとしてくれます。

基礎工事

安心な家づくりは「基礎」が大事

地盤調査そして地盤改良が済んだら、次はどのような基礎を打つかというステップに進みます。基礎には「布基礎」と「ベタ基礎」の二つの施工方法がありますが、カジャデザインが採用しているのはベタ基礎の標準施工です。

その理由として挙げられるのは、1階の壁部分だけに基礎を打つ「布基礎」に比べて、「ベタ基礎」は建物の底面全体に鉄筋コンクリートを打設するため、家の荷重を底盤全体で受け止め、建物に架る負荷を分散させて変形や倒壊の被害を抑えられるからです。底部のコンクリートは150mm以上の厚みを施すことで、不同沈下を抑制します。

また、ベタ基礎には木造住宅の大敵であるシロアリが地中から床下へ侵入することを防ぐことが期待できるのに加え、地面から上がってくる湿気を遮断できるのも大きなメリットです。

多彩な工法に対応

頑丈な構造がもたらす安心感。多彩な工法でどのようなプランにも対応

リゾート空間は、眺望などもこだわりのご要望として大切なポイントなので、丘陵地帯や傾斜地など厳しい条件下でも施工するケースがあります。カジャデザインは下記のような工法・構造に精通しており、どのような立地、どのようなプランにも自在に対応することができます。そして、構造計算を標準で行っているので、構造の安全基準を確保しております。

木造軸組工法
日本伝統の木造工法で、柱と梁で組み上げる、もっとも一般的な工法です。適所に「筋交い」という、柱と梁を強固に固定する「たすき掛け」や「X字型」の材も使用します。この部分を耐力壁と呼び、この配置のバランスも非常に大切で、設計のノウハウが必要になります。また、構造用合板を使って耐久壁や耐久床を作ることにより、耐震性・耐風性を飛躍的に高めることができます。

SE構法
木造軸組工法を進化させた「木造最強」とうたわれている特殊工法です。高精度に計算されたエンジにリングウッドを柱と梁に使い、腐食に強い接合金物(SE金物)で組み上げ、強固なフレームを実現する工法です。極めて高い耐震性も発揮します。木造では難しかった、柱や梁の少ないロングスパンの大空間も容易に構築できるのが魅力です。

RC造 (鉄筋コンクリート構造)
鉄筋を組んだ型枠にコンクリートを流し込んで造り上げる強靭な構造です。建物全体が安定した6面構造となり、圧倒的な耐震性能を発揮。耐久・耐火性も高く資産価値も高いうえに、火災保険なども木造と比べ抑えられるメリットがあります。また、間口の狭い敷地や室内のスペースを隅々まで有効活用したい場合は、RC造を進化させた「壁式ラーメン構造」もご提案しています。

混構造
地下や半地下、1階部分をRC造にして上階を木造にするなど、異なる構造をハイブリッドさせた建築。ご予算の都合や構造上の問題などさまざまなケースで考えられますが、お客様のメリットを最大化できるように、提案しています。

断熱性能にも配慮

開放的な大空間でも四季を通じて快適な断熱性能

カジャデザインはリゾート空間を提供していますが、そこには「目に見えない安心と快適こそが不可欠」というポリシーが隅々まで浸透しています。当社の建築は自然素材を豊富に用い、吹き抜けや窓など開口部を大きく取っているにも関わらず、四季を通して快適さは維持されています。こうした快適性能は、長期優良住宅にも対応できる、ハイスペックな断熱構造により支えられています。

ウレタンフォーム
耐熱材の中で特に優れた断熱性能を有しています。これは独立した微細な気泡の中に極めて小さいガスを閉じ込め熱の伝道率を下げているためです。経済的な厚みで優れた断熱性を得ることができ、施工現場での発泡吹き付けが容易で、複雑な構造物に対しても隙間の無い連続した断熱層をつくることができます。

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。