VISION

建築業界の常識に、縛られない存在でありたい

大熊 英樹

KAJA Design 代表

代表取締役 大熊英樹が語る『KAJA DESIGN』の過去、イマ、そして未来。

最初は、たった5人の小さな土木会社だった

-まず、大熊工業の設立経緯を教えてください。

私の経歴からお伝えさせていただきますと、高校を卒業して土木工事の会社へ就職しました。現場でずっと働いていたのですが、31歳のときに独立。大熊工業を立ち上げました。設立当初は、私含めてたった5人。ですが、ありがたいことに業績は好調。土木の仕事を安定的に請け負いながら、少しずつ規模を拡大しながらやってきました。

-なぜ建築の分野に?

会社を立ち上げて10年の歳月が経った頃ですね。順調だったこともあり、社内で何か新しいチャレンジをしたいね、という話になったんです。

個人的には、そのタイミングで建築事業を始めたい気持ちは強かった。というのも、私自身が自分の家を建てたばかりだったんですが、実は不動産会社や工務店とのやり取りがうまくいかず、せっかくの持ち家だったのに後悔の気持ちが強かったんです。もし同じ想いをしている人が他にもいるのなら……と。でも、普通に考えて、いきなり町の土建会社が「家を建てます」と言い始めても、頼む人はいませんよね。

そこで「家づくりにつながる何か」と考えたときに思いついたのがインテリアでした。『KAJA』ブランドが誕生した瞬間です。

-建築事業をスタートするための足がかりが、インテリア事業だったと。

そうです。だから、単に「問屋さんから仕入れて売る」みたいな一般的なやり方はあえて選択しませんでした。たとえ採算が合わなかったとしても、海外で一点モノをオーダーメイドして、直接仕入れて販売しよう、と。建築事業をスタートするようになれば、特注品の建材を輸入するようなケースは絶対ありますからね。東南アジアを中心にくまなく探して、インドネシアのジャワ島に拠点を見つけました。

そして、インテリア事業も5年ほどやっているとリフォームの仕事のお話をいただく機会も増えてきたんですよね。それで、建築事業に本腰を入れて注文住宅もやっていこうということで『KAJA DESIGN』を立ち上げたわけです。

-正直、5人で始めた土建会社が新規事業をスタートするなんてかなりのチャレンジだと思うんです。なぜ、そのような思い切った挑戦ができたのでしょう?

前提として、土木の仕事は収益性が高いものです。加えて、当社が得意とする地盤改良は非常にニッチな領域。さらに、私たちはよその会社に先んじて設備投資をして、技術力を高めてきました。そのため、基本的にダイレクトでオファーをいただくことが多い。九州のお客様から声をかけていただくこともあるほどです。そういう意味では安定した収益基盤があるからこそ、新規事業にチャレンジできたと思います。


心が落ち着く空間を追求したら、リゾートにたどり着いた



-『KAJA DESIGN』はなぜ「リゾート」にこだわっているんですか?

大きく2つの理由があります。

1つ目は、私たちにとってリゾートは心の拠り所だったからです。会社を始めてから、休息の時間ってお盆と年末年始、ゴールデンウイークぐらい。他には休みらしい休みはほとんどなかったので、長期連休は海外のハワイやサイパン、フィジーなどへ行ってゆっくり英気を養っていたんです。私たちにとってリゾートという空間は、生活していくうえでの一番の楽しみだった。リゾート地に住みたいけど、住むことは難しい、だったら、いっそのこと日本にリゾート空間をつくってしまおうと考えました。

もう1つは、私自身の原体験です。先ほどもお伝えしましたが、家づくりで大きな後悔をしていました。でも、結婚して、子どもも生まれていたので、満足度の低い空間で育児はしなければならなかった。子どもが育つまでは家族揃っておしゃれなレストランへも海外旅行へも行けない……そうなるとストレスも溜まってきますよね。そんなとき、ふと「家がリゾートホテルのようなつくりだったらいいんじゃないか」と考えまして。

-確かに、リゾートが嫌いな人ってそんなにいないと思います。

ですよね。「子どもを育てる」ってとても尊いことだと思うからこそ、親にも子どもにもストレスの少ない環境をつくってあげたい。そのひとつの答えが、リゾートであり、『KAJA DESIGN』だったというわけです。

-とはいえ、建築に関してのノウハウは社内にはなかったわけですよね?

建築に関しては素人ですから、かなり苦労しましたね。当然社外のプロたちを採用したんですが、なかなかカタチにならなかった。

たとえば営業。年間何万戸も建てているようなスーパー営業マンでも、『KAJA DESIGN』になると途端に契約が取れなくなってしまう。私たちが理想とする住まいづくりには、相当の力量が求められることを良くも悪くも思い知りまして。

だから最初の3〜5年間は、家のレベルを調整して、設計・提案しやすいカタチにしていました。自分が理想とする住まいではないということへの葛藤は強かったですけどね。でも、事業として成り立たせなければならなかったし、スタッフにも成長してもらわなければならなかったので……。

-「レベルを調整する」とは、具体的にはどういうことですか?

例えば、当時、価格帯で言うと5000万円の家を中心にやっていきたかった。でも、5000万円の家を立てるために求められるノウハウを、営業にも設計にも現場監督も持ち合わせていない。

だから、当初想定していたターゲットよりも、少し低価格で、施工的な難易度がそこまで高くない物件を中心に受けました。同時に現場監督のところで働く大工さんや左官屋さんといった職人さんたちも腕の良い人たちを紹介してもらうことで、少しずつクオリティを高めていく作戦をとりました。

その結果、5年くらいかかったけど、ノウハウも蓄積されて、品質も上がって、価格帯も少しずつ上ブレしていって……まだまだ現在進行形ですが、ようやく個人個人のレベルが理想に追いついてきた感覚はありますね。

-「スタッフの成長」というお話もありました。人材育成についても教えてください。

住宅建築業界って、クレーム産業と呼ばれることもあるんですよ。でも、少なくとも当社ではなくしたい。当然人間が関わるからゼロにはならないかもしれないけど、確率的には非常に低くなってきている感覚があります。たとえば、営業、設計、現場監督のうちの誰かのレベルが足りなくても、チームでカバーできるような体制はできつつありますね。

とはいえ、何か特別なことにチャレンジしたわけではありません。スタッフたちが楽しくスキルアップできるようにお金や時間をかけてきました。「人に投資する」という表現が正しいかもしれませんね。働きやすい環境を整えたうえで、難易度の高いミッションを与えて、成長を促すという。シンプルですが、そういう体制を整えています。

当社が展開する建築、インテリア、土木の仕事って技術的な要素が強いかもしれませんが、ビジネスの成否を担うのはやっぱり「人」なんですよね。それは創業当初から変わらない想いです。


「最高の中小企業」を目指して



-現在の『KAJA DESIGN』についても教えてください。

リゾートというと東南アジアの印象が強いかもしれませんが、今後はヨーロッパの要素も取り入れていきたいと思っています。

たとえば、世界中に展開する『AMAN』というホテルチェーンでは、ホテルを建てるときその土地のものを建材として利用することを大切にしているそうなんです。だから、実際にホテルに泊まって、いいものを見つけられたら近隣で建材探しをしてみる、とか。そういうチャレンジを続けていきたいと思っています。

ーなんかものすごく手間な気がしてしまうのですが……。

おっしゃるとおりです。でも、これが私たちの生存戦略なんですよ。

「現地に足を運んで、気に入った建材を数個だけ仕入れる」なんて非効率なこと、大手は絶対やりませんからね。確かに仕入れの瞬間だけを見たら採算は合わないですが、長期的な視点でみると唯一無二の建材を仕入れて家の価値が上がれば充分採算がとれるわけです。

だから、やみくもに提案するようなこともありません。年間の戸数上限は決めているので、スタッフも疲弊するようなことはない。自分たちの理想を価値だと感じてくれるお客さまに届けて、利益を得ていく。それだけです。

莫大な資本のある大手住宅メーカーとコストパフォーマンスで戦っても負けるのは目に見えていますからね。だったら、彼らとは別の土俵をつくって戦おう、と。会社全体の売り上げを10とすると、土木事業4、KAJA DESIGN建築事業4、インテリア事業2くらいの割合にはなってきているので、それなりにうまくいっているのかなと思います。

ー中小企業ならではの特徴を活かす戦略ですね。

まさにそうですね。いつもスタッフには話しているんですが、当社が目指すのは「最高の中小企業」です。小回りの良さや意思決定スピードの速さを活かして、大手がやらないような面倒なことをキレイにカタチにしていき、対価を得ていく。そして、めちゃめちゃ楽しい会社にしていきたいと思っています。大変かもしれないけど、実現できたら絶対に楽しいはずですから。同じ想いで事業に向き合ってくれる人をひとりでも増やすことが私のやるべきことと捉えています。

-なんだろう。お話を聞いていると「建築業界とは」みたいなところから逸脱している印象を受けます。ものすごく自由というか……。

それでいうと「建築業界はこうあるべき」みたいなところは全く興味がないですね(笑)。よく住宅展示場ってあるじゃないですか。出典すると土地代が毎月何百万円もかかって、モデルハウスを建てるのに数千万〜1億円かかる。しかも数年経ったら壊さなくてはいけない……そういうお金の使い方には疑問を感じています。

同じお金を使うなら、旅に出た方がいい。世界中の名だたる建築家がつくった最高のホテルを体験して、何が魅力か、何が心を動かすのかを徹底的にインプットする。そうやって各々が考えることが、住宅展示場でいつ来るかわからないお客さまを待つよりも、最高の学びになるし、ひいてはお客さまの幸せにつながるんだと思います。

-確かに。

理想と笑い飛ばす人もいるかもしれませんが、理想を掲げない限りは成長できませんからね(笑)。

さあ、旅に出よう



-最後に、今後のビジョンを教えてください。

お客さまとの関係性をもっと親密にしていきたいですね。もちろん、お金を払ってくれているので「お客さま」なのですが、理想の住まいはやっぱり一緒につくっていくものだと思うんですよね。ただ、家づくりの期間としては3ヶ月〜半年。予算のことはもちろん、価値観やライフスタイルなども理解しながら詰めていくことを考えると、結構タイトですよね。

そうなったときに有効な方法として考えているのが、「旅」です。

-旅?

そう、一緒に旅に出るという方法です。

お客さまの好きな国やホテルがあったら、一緒にいく。そこで、何が好きなのか、どうしていきたいのかをヒアリングし、プランを考えるんです。非日常の空間でお互い心を開くから、相互理解も早く、言語化できないような好みもわかるようになる。何パターンもプランを用意して擦り合わせていくよりも、よっぽど効率的ですよね。

それに、旅をすれば自分たちのダメなところもお客さまは見てくれている。結局家は人と人でつくっていくものだから、お互いのいいところもダメなところも理解していたほうが意見も言いやすいし、受け入れやすい。本音で付き合っていかなければいけないのに、カッコつけていても何にもいいことはありませんからね。

だから、お客さまと打ち合わせして、好きな場所を聞いたら、一緒に行く。その先に家をつくる。そんなやり方を取り入れていきたいですね。もちろん、最初からうまくいくことはないかもしれないけど、失敗したらフォローして、次に活かせばいい。それだけの話ですよ。

-そういうユニークな取り組みにチャレンジできるのも中小企業の魅力かもしれませんね。

確かに、大手だったら絶対に決裁がおりないでしょうね(笑)。非効率だし、途中で事故に遭うリスクもありますから。でも、そんなことを言っていたらどこへも行けなくなってしまう。もちろんお客さまにはきちんと説明したうえで、一緒に行きたいと思います。

「とりあえずやってみる」って危険な匂いもしますが、話すだけで何もしないって本当にムダだと思うんですよね。お客さまに迷惑がかからなければ基本OKだと思うので、たとえば日々のプレゼンテーションの仕方とか、建築中の家に被せるシートとか……いろんなところに工夫のチャンスは落ちているんですよね。そういった創意工夫のひとつひとつが『KAJA DESIGN』というブランドをつくっていく。そう思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。