土間と左官の家

WORKS 50

『無機質』『シームレス』『生活感がない』
当初からこのキーワードが今回の家づくりにとって重要なテーマでした。

広々としたエントランス、ギャラリーのようなプライベートスペース、その奥に繋がるベッドルーム。

無機質な空間に、アンティーク家具やオリジナル石材がユニークな表情を加えます。枠に囚われないシームレスな暮らしを楽しむ、こだわりのオーダー住宅です。

自由で豊かな空間『土間』の使い方を再認識

POINT1

ドアを開けて中に入ると、広々とした土間のスペースが現れます。
近年土間は、玄関の一部として考えられるケースが一般的でした。しかし本来は、炊事場や作業場、または来客と家主が話をする客間としても使われていました。

K様にとって、土間の無機質さと、玄関と室内が一体となるようなシームレスな空間はまさにイメージにぴったりでした。

| WORKS 50

一般住宅でどこまでシームレスな空間を追求できるのか

POINT2

シームレスといっても一般の住宅なので建具は必ず使わなくてはいけません。

土間と左官で継ぎ目をなくした空間に、建具類が違和感なく共存することができるのだろうか、そんな不安が頭をよぎりました。

そこで活躍したのが腕利きの塗装職人です。巧みに色を調合し、優れた感覚で筆やスポンジ、指などを使って左官の質感へと近づけていきます。素材は違えど、機能性を損なうことなく自然に空間に馴染む建具へと仕上がりました。

| WORKS 50
| WORKS 50

浮遊感のあるオーダーベッド

POINT3

部屋の奥に堂々と鎮座するベッドは、造作(オーダーメイド)で制作しました。脚が横から見えにくいデザインになっていて、まるで巨大なベッドが宙に浮いているようにうつります。ベッドフレームには、壁、床で使用したものと同じ左官材を施しました。

| WORKS 50

天然素材のインテリアでも、スタイリッシュに魅せる

POINT4

LDKのある2Fは、1Fの寝室とテイストが少し変わります。ずっしりと重量感のある無垢の古材を使用したダイニングテーブル。上質な革を使用した風合いのあるソファ。どれも自然から生まれた質感豊かな素材でできています。

吹き抜けの階段部分には、あえて凹凸を残してモザイク状に組み合わせた天然石材ヒタムが貼り上げられています。
スタイリッシュな空間だけど、どこかあたたかさのあるオリジナルな住空間に仕上がりました。

2世帯住宅が繋がるバルコニーテラス

POINT5

こちらのお宅は、実は2世帯住宅。1階と2階が子世帯、3Fが親世帯という構成です。ホームエレベーターを設置しているので階段の上り下りの心配もありません。3Fのダイニングキッチンは、大きな窓から明るい日差しが入ります。

窓の外には広々としたバルコニーテラスがあり、3Fからも2Fからも直接アクセスできるようになっています。このバルコニーみんなで食事をしたり、家族が繋がるための空間になりました。

あなただけの
リゾートな家を建てる

CONTACT

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。