WORKS| 35

WORKS 35

なるべく平家に近い間取りが希望だった

北側に広大な緑地があり、家の中にいながら緑を望むことのできる好立地に佇むY様の邸宅。平家にしたいというご希望はあったものの、用途やデザインを考慮し2階建にすることに。平家のメリットを残しつつ、ライフスタイルに合わせた空間構成を2階建で実現した邸宅をご紹介します。

| WORKS 35
| WORKS 35
| WORKS 35

POINT1

生活動線を一階にまとめた間取り

平家のメリットの一つでもある、生活導線の短縮化。Y様のお宅は一階部分に、LDK、バスルーム、主寝室、子供部屋といった、ご家族みなさんの生活動線が集結しています。

2階はゲストルームや大きなルーフバルコニーを配置し、特別な時間を過ごすスペースとしました。階段の上り下りをすることなく日々の生活を送れる1Fと、ゲストを迎える時のおもてなしの空間を階層で分けるというアイデアで、平家の良さと2階建の良さを取り入れています。

POINT2

吹き抜けによる視覚の効果

広々したスペースをとったLDKの吹き抜け部分。一見、開放感のある平家かと錯覚してしまいそうな作りです。大きな窓と高い天井はリゾートホテルのヴィラをイメージしています。床から天井まで貼りあげたクインが圧倒的なスペシャル感を演出してくれます。

| WORKS 35
| WORKS 35
| WORKS 35

POINT3

素材感を大事にしたインテリア

Y様は、素材感を大事にした家づくりをしたいと考えていました。なので、床には無垢材、アクセントウォールには天然石、家具も無垢材やラタンなどの天然素材をコーディネートしました。また、窓の配置にもこだわり、緑地に面した箇所には自然の森林を切り取った絵画になるようにインテリアに取り入れていきました。

| WORKS 35
| WORKS 35

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。