2021.06.11

2020年度 第5回名工会定例会を開催しました

郷 奈美子

広報

先日、2ヶ月に一度ある名工会定例会を開催しました。
今回も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催です。

カジャデザインの家づくりに携わってくださる職人さんたちが加盟する『名工会』のメンバーがオンラインを通して集まり、新築工事現場に関わる良い点・改善点を共有する大切な場です。

安全パトロールで見えてきた、職人の思いやりある工夫

名工会の定例会の日は、現在進行中の工事現場を巡回する安全パトロールが行われます。カジャデザインスタッフと共に、実際に工事に関わる職人さんや業者さん、また設計士さんが自分の担当する以外の現場を見てもらうことのできる貴重な機会です。

今回巡回した物件の中で見た、思いやりのある現場をご紹介したいと思います。
都心の狭小住宅の工事現場は、どうしても作業のスペースや資材、機材の置き場を確保することに苦労します。安全に効率よく作業をするためのスペース確保はとても大事です。

さらにこちらの現場は、左官職人や内装屋さんが同時に入ることもありました。そこで、自身が作業する時以外に、少しでもスペースを確保できるよう、脚立や工具類を壁面に収納できる工夫が凝らしてありました。

次に入る職人さんがすぐに作業に入れるようにという、思いやりがかんじられます。

今回紹介した以外の物件でも、壁面に物置用の棚が作られていたり、休憩や打ち合わせ用に応接用のテーブルセットが作られていたりと、職人さんたちのアイデアと技術には脱帽です。

オンラインでもできる!!徹底した情報共有

現場パトロールが終了したら、即座に情報を整理し、名工会メンバー、カジャデザイン社員全体に共有をします。以前は会場を借りてみんなで集まって開催していましたが、現在はオンラインミーティングにしています。

その日に撮ったばかり写真や資料などを映し出し、参加したメンバーが感想や気づいた点を報告します。

また基本となる現場ルールの確認などもこの会では重要なポイントです。これから本格的に暑い季節が始まります。屋外で作業をすることの多い職人さんたちには、徹底した熱中症対策が必要です。昨年から会社としても対策を講じていますが、今年も全現場への冷感マスクの配布、スポットクーラーの導入を実施予定です。そして、一番大切なのが、しっかりお互いにコミニュケーションを取ることです。

「疲れてない?」
「水分、塩分は取っている?」

こんな声がけをしあい、確実に熱中症を防いでいくことを再確認しました。

毎回読み上げて確認をする、カジャデザインの現場ルールの最後にこんな言葉があります。

『職人皆さんの協力がなければ、良い建物は完成しません』

この言葉にあるように、これからもカジャデザインと現場で活躍する職人さんたちが共に力を合わせてお客様の大切なお家を造っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなただけの
リゾートな家を建てる

CONTACT

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。