WORKS| 31

WORKS 31

好きなものはたくさんある、
それを一つの空間にまとめ上げるために

家づくりをするにあたって「こんな空間にしたい!」というイメージを明確にお待ちだったI様。しかし、仕上げやインテリア決めるときに、一個一個で見ると好きなものがたくさんあって、なかなか上手く空間に落とし込むことができない。そんな時こそKAJA DESINチームの出番です。どのようにして、この気持ちの良い邸宅へと仕上げていったのでしょうか。

VOICE

MARGARET HOWELL SHOP & CAFE の空間

もともと吉祥寺近辺にお住いで、MARGARET HOWELL SHOP & CAFE  kichijyojiで過ごす時間が大好きだったI様。その空気感を今回の家づくりに取り入れたい、というのが当初のご要望でした。明るくシンプルな店内。直線的なデザインの中に、ナチュラルな木のぬくもりを取り入れるおしゃれなデザインを、I様の家づくりの大きなテーマとして掲げました。

| WORKS 31
| WORKS 31

POINT1

床材を一つ決めるのにも妥協をしない、
とことん相談・確認して決めていくというプロセス

I様が悩んだポイントの一つが、LDKの床材でした。ダークな色味にするのか、ナチュナルな色味にするのか、面積が大きい分お部屋の印象を左右する大きな決断です。そこで、何種類もサンプルを取り寄せ、何度も打ち合わせを重ね、コンセプトからぶれることなく今の床材の色に決まりました。

| WORKS 31

POINT2

インテリアデザイナーの本領発揮

家づくりと同時進行で進めたのが、家具や照明などのインテリア選び。家具は、間取りに合わせて最適なサイズやコンセプトにあったデザインを提案。実際に一緒にショップに出向き、座り心地やサイズ感などを確認して一つ一つセレクトしていきました。

照明も、機能的に必要な明るさを確保するための照明計画はもちろんのこと、デザインを楽しむ照明までトータルで提案していきました。ショールーム巡りの待ち合わせはいつも、I様が好きそうなカフェやショップを選び待ち合わせ場所に設定して、目指す方向性を共有し合いました。

OTHER

ほぼCGパース通りの仕上がり

イメージの共有を測るために提出するCGパース。KAJA DESGINは、CGパースのクオリティの高さにご定評いただいています。

ほとんが、CGパースを元に、打ち合わせを重ね部分的に変更を重ねるなどして完成へ向かっていきます。いわば、完成までの道しるべのような感じです。

I様に関しては、打ち合わせの中で色々変更の相談なども出ていたものの、最終的に完成した邸宅は、初期のCGパースとほぼ同一のものでした。初回のヒヤリングで意識の共有ができていた証だと思います。

| WORKS 31
| WORKS 31

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。