Works 21 降り注ぐ家

Works 21

降り注ぐ家

実は今回、M様にとって2回目の家づくりでした。
数年前に注文住宅でご新築されたM様は、
「 実際に住んでみて、日常的に明るい日差しを感じることが自
分たちの生活においていかに重要だったに気がついた 」とお話されました。
明るい日差しや季節の移り変わり、素材の温もりを感じられる設計を
大きなテーマとして家づくりがスタートしました。

Point 1

アプローチは和の心

趣のあるアプローチは、まるで気持ちのいい山あいに佇む日本旅館のよう。たて格子の門扉を開けると、鮮やかな緑と、木の温もり、石の静けさが玄関へと進む道を彩ります。中に入ると、玄関からそのまま上がれる和室が現れます。
い草の香りがほのかに香る、心地の良い空間。お着物が趣味の奥様は、ここで着付けをしたり、お着物お手入れをしたりして過ごします。ご来客の際は、こちらがゲストルームとして使わることも。壁から天井にかけて優雅に描かれたアールと、そこから柔らかく広がる間接照明の灯り。いる人の心を癒す、特別な空間となりました。

Point 2

ヒタムモザイクを使った
雄大で迫力ある壁面デザイン

板張りの天井に、漆喰の壁、そしてご主人こだわりの無垢材のフローリング。天然素材をふんだんに取り入れた、LDK。
高い吹き抜けのリビングスペースには、今回オーナーのご要望に合わせてオーダーした、ヒタムモザイクを天井まで張り上げています。天然石の持つ荒々しい表情と、繊細に組まれたモザイクで、気高く上品な空間に仕上げます。

注文住宅の建築事例

Point 3

造作キッチンとインテリアで
贅沢な食卓に

今回の家づくりにおいてこだわりのポイントがダイニングスペースです。
キッチンは、お料理好きの奥様が、収納や使い勝手にこだわり
フルオーダーで造作しました。木と左官のぬくもりを感じる洗練されたキッチンです。

Point 4

「世界にたったひとつ。」
チークの根から生まれたテーブル

設計段階からKAJAに何度も通い、イメージにあう家具を探し続けました。そこで出会ったのが、チークに根っこ利用したAmazon Dining Table。圧倒的な存在感とインパクト、一目惚れ状態だったとオーナーは語りました。天然の木の根っこの形を生かしたテーブルなので、同じ形のものは2つとしてありません。
中庭を見渡せ、天井が吹き抜け、素晴らしい開放感を味わえるダイニングスペースです。

KAJAオリジナル、唯一無二のAmazon Dining Table

天井の板張りや格子の引き戸で和を要素を+

Point 5

移り行く景色を楽しむ、
大きな中庭

約20帖の広さを持つ中庭。
中庭の奥には、高さ3mの紅葉の木が空に向かって伸びやかに佇んでいます。夏は爽やかな緑をたたえ、秋には艶やかに紅葉する。そんな季節の移り変わりを楽しめるよう、家のどの部屋にいても中庭を望める設計になっています。下草もデッキにかかるようにデザインしているので、これからしっかりと根付いて育っていくのが楽しみです。

Point 6

いつかバリで泊まったヴィラの
バスルームを再現

広い洗面室とバスコートがあるバスルーム。旅先のホテルやヴィラで過ごす時、オーナーにとってバスタイムはとても重要なものでした。自宅でそんなバスタイムを毎日過ごせる幸せ。ダブルボウルの広い洗面台に、壁一面のミラー。洗濯機や乾燥機は、生活感が出ないよう木の扉で収納しました。
バスコートには、アクセントでライムストーンのレリーフを。

バスコートを広く取りリゾートを演出

KAJAでオーダーしたライムストーンレリーフ

関連情報

お客様の声

都市部の閑静な住宅街に佇むMさまの住まい。2018年にカジャデザインで注文住宅を建築され、お引き渡しをしてから約1年が経過しました。
経営者で日々忙しく過ごされているMさまに、カジャデザインに行き着いた経緯や、現在の暮らしについてお話を伺いました。
 
オーナーインタビュー
光がある暮らしが、いかに心地よいかを感じさせてくれた住まい