2018.05.14
お客様の声

2つの中庭が、細長い敷地に光を取り込む。心地よさに包まれる暮らし

横内 信弘

ライター

他のハウスメーカーにはなかった、「提案型の家づくり」

N様はモノづくり関連のお仕事の経営者、奥様はダンスのインストラクターという自立したライフスタイルをお持ちのご夫妻。しっかりとしたポリシーをお持ちで、自然素材にこだわった注文住宅をご要望されていました。

当初、リゾートの住まいには関心がなかったご様子でしたが、カジャデザイン現場見学会でその良さに触れ、評価していただきました。建物が建つ敷地は細長いため、光と風を取り込むことが課題に。「都市の中で自然と共生できる心地よい住まい」をコンセプトに、2つの中庭を採用したプランをご提案しました。

今回は、そんな住まいで暮らすN様にお話を伺いました。

Q1
家づくりで大切に考えていたことは何ですか?

A1
最初は「リゾート空間のような住まいを建てたい」という考えは、正直ありませんでした。ただ、何となく感じていたのは、家族が気持ちのいい家にしたいということ。気持ちがいい家の基準は人によって違いますが、わが家の場合は「自然素材」であることが第一条件でした。子どもが化学物質に敏感なこともあり、自然素材、特に漆喰壁の家に関心があったんです。そのため、自ずと相談する住宅会社もナチュラル志向の会社にしたいと考えていました。

そんなとき、ある土地と出会いました。環境や立地などはバッチリ。ただ、とても細長い敷地だったんです。土地の面積は約50坪ほどありましたが、建ぺい率40%、容積率80%という厳しさで、「ここに本当に家族が気持ちよく住める理想の住まいが建つのだろうか」と不安がよぎったのを覚えています。
「きっと住宅会社に相談すれば解決プランを提案してくれる」。そう信じ、住宅会社探しを始めました。

Q2
カジャデザインを候補として選ばれた理由はなんですか?

A2
まず訪れたのが総合展示場でした。行けばすぐに会社が決まると思ってたのですが、実際に足を運ぶとどのモデルハウスを見ても「凄い!」の連発でした。

しかし、期待を膨らませて、いくつかの会社の施工例を見に行くと「???」。モデルハウスと全然違う仕上がりやテイスト、造作で、ギャップがありすぎることに戸惑いました……。

それでも、「こういうものだ」と割り切り、大手ハウスメーカーにプランを提案してもらうことに。しかし、提案されるのは、素人目に見てもおもしろくないプランばかり。建築家への依頼も考えましたが、「敷居が高そう」「出来上がったプランに変更は言いにくそう」という想いが払拭できずに断念しました。

藁をもすがる想いで、ネットで「自然素材」をキーワードに検索し、出会ったのがアジアンリゾートの建物を得意としているカジャデザイン。特にアジアンリゾートに興味があるわけではありませんでしたが、自然素材にこだわりを持っている点に大変惹かれました。そして、思い切ってカジャデザインの現場見学会に参加しました。後になって考えると、これが私たちの家づくりにおける本当の出発点であり、到達点でもありました。そこに理想のスタイルを見つけたのです。

Q3
ズバリ、カジャデザインの魅力は?

A3
カジャデザインの施工例を見ると、「これが実際の住宅?」と思わずため息が出るほど、クオリティとデザイン性、素材感が凄かった。本物志向を貫いていて、紛い物が一切ないこと、特に天然石の壁が心に響きました。

またアジアンリゾート専門だと思っていた私の認識は間違いで、私たちの要望に対して、デザインやスタイルを押し付けることなく、一つひとつとても柔軟に対応してくれるのが印象的でした。

カジャデザインの最大の魅力は「提案型の家づくり」。常に提案があります。漠然としたイメージしかない場合も、こちらが言葉にできない潜在的な要望も残さず拾ってくれて、思いもしない提案をしてくれるのがワクワクしました。私たちが心配していた細長い敷地についても、カジャデザインの提案プランは独創的でした。今までどの会社からも受けたことのない、よく考えられたものでした。

Q4
完成したお住まいで、特に気に入っていることは何ですか?

A4
奥行きの長い敷地ですが、カジャデザインは道路側にゆったりとした駐車スペースと趣のあるアプローチを設けることを提案してくれました。建物は奥まった位置に配置されており、帰宅時にアプローチを通ると「わが家に帰ってきた」という歓びを実感します。

そして、私たちが一番気にしていた「細長い建物だと、暗い部屋や空間ができるのではないか」という点に関しては、「中庭を2つ設ける」という独創的なアイデアを提案され、大変驚きました。一見、ムダなスペースと思われがち。しかし、すべての居室がこの中庭と接する設計のコンセプトを聞いたとき、光と風が家の中を気持ちよさそうに抜けていく光景が目に浮かんできました。その時の「気持ちよさそう」という感覚は、住み始めた今も続いています。

天然石や漆喰を室内の壁などに施していること、バスコートから中庭の樹が見える設計もお気に入りで、「これがわが家のリゾート空間」です。当初はリゾート空間に特段注目していませんでしたが、今ではリゾートの心地よさを、暮らしの中で体感しています。

施工事例はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなただけの
リゾートな家を建てる

CONTACT

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。