2016.10.5 「注文住宅」を知る

注文住宅を建てる前に押さえておきたいトイレ設置の基本

企画開発部 郷 奈美子
生活になくてはならないトイレ。何気なく注文住宅に設置してしまうと、使い勝手の悪さなどに悩むことがあります。トイレはどのように設置すればよいのでしょうか。トイレを設置する前に押さえておきたい基本的なポイントを解説します。このページをみれば、使いやすいトイレを設置できるはずです。注文住宅を建てたい方は、確認しておきましょう。

注文住宅のトイレの設置場所

注文住宅を建てる時に検討したいのが、トイレの設置場所です。どのように検討すればよいのでしょうか。 トイレの設置場所を検討する時は、次の点を意識するとよいでしょう。

トイレの音

以前に比べると小さくなっていますが、トイレを利用すると音が発生します。聞かれる側も聞く側もあまり良い気分はしません。また、寝室に音が響くと、眠りを妨げてしまいます。誰でも気軽に利用できるトイレにしたい方は、音が響きにくい場所に設置しましょう。

トイレの臭い

音と同じく注意したいのが臭いです。最新のトイレは消臭機能を搭載していますが、それでも臭いがなくなるわけではありません。臭いが漏れた時に、生活に影響しづらい場所に設置することも重要です。

使い勝手

音や臭いを意識すると、リビングやキッチンから離れた玄関などが設置場所の候補に挙がります。有力な候補といえそうですが、来客があると利用しづらい、人の行き来が激しいのでドアを開けるときに気を使うなどのデメリットがあります。生活に欠かせない設備なので、使い勝手を考えることも重要です。

注意点から考える設置場所

普段の生活に影響を与えづらく、使い勝手も良い場所といわれているのが階段下です。敷地を有効活用できる点も魅力です。奥行きの深い階段は収納スペースとして適していないので、あてはまる方はトイレを設置するとよいかもしれません。デメリットは、天井が低くなることと見栄えが悪くなること。来客が多い家庭などには適していない可能性があります。以上を理解したうえで、検討するとよいでしょう。

注文住宅に設置するトイレの室数

設置場所と併せて検討を進めたいのが、注文住宅に設置するトイレの室数です。室数はどのように決めればよいのでしょうか。 トイレの室数を決める時に役立つのが家族の人数です。家族の人数別にお勧めのトイレの室数を紹介します。

2人家族

夫婦だけなど、2人家族の場合は、トイレが混雑することはほとんどありません。基本的には、1室あれば十分と考えられます。トイレのために違う階へ移動するのが面倒、トイレ使用後の臭いが気になる、ゆっくりトイレを使いたいなどの希望がある方は、2室以上設置するとよいでしょう。

3人~4人家族

3人~4人の家族がひとつ屋根の下でよく似た生活を送っていると、特定の時間にトイレは混雑します。例えば、通勤・通学前の時間帯などの混雑が予想されます。トイレが2室以上あると、快適に暮らせるはずです。

5人~6人家族

子どもが3人以上いる、2世帯で暮らしているなどの場合は、普通に暮らしているだけでトイレが混雑します。最低でも、2室以上は欲しいといえるでしょう。3階建てでスペースに余裕がある方は、各階にトイレを設けるとよいかもしれません。

高齢者世帯はトイレのバリアフリー化を検討

家族の人数とは別に検討したい要素があるので紹介します。家族に高齢者がいる方は、将来の介護に備えてトイレをバリアフリー化しておくと安心です。手すりを取り付けるだけでなく、介助者が一緒に入れるスペースを確保しておくと使い勝手は向上します。

注文住宅のトイレは利用シーンを思い浮かべて検討

注文住宅のトイレは、設置場所と室数にこだわりましょう。これらが適切であれば、快適な生活を送れます。設置場所は利用状況、室数は家族の人数を考えると検討しやすいはずです。新居での生活を思い浮かべながら、検討を進めてみてはいかがでしょうか。トイレは生活に欠かせない設備なので、納得いくまで検討をすることが重要です。