WORKS| 37

WORKS 37

大きな吹き抜けが実現した
ライブラリーリビング

日頃からたくさんの本を読むNさまご夫妻。今回の家づくりにあたり、大きな吹き抜けのある広々としたLDK、生活の中で身近に本がある空間をご希望されました。2Fから3Fへと続く吹き抜け部分には、壁一面に書棚を造作しています。お気に入りのチェアに腰掛け読書に集中する、そんな空間が家のいたるところに存在します。木造建築で実現された大空間。やさしい色合いと表情のある模様が特徴のクインを、室内外にふんだんに使用した東京のモダンリゾート注文住宅です。

POINT1

1Fにまとめた個室群

Nさまはご夫婦二人と小さいお子様の3人家族。お仕事で遅くに帰宅されることもあるご主人は、先に寝ている奥様やお子様を起こさないような生活動線を希望されました。そこで提案したのが、エントランス、バスルーム、クローゼット、書斎を全て1Fにまとめ回遊性を持たせた間取り。ご家族を気に使わずにお風呂に入れたり、仕事の続きをしたり。そんなライフサイクルをストレスなく送れる動線が実現しました。

POINT2

バスタイムを特別な時間にしたかった

初回のヒヤリングの中で、ご主人が特にこだわりを持たれていたのが、バスルームでした。もともとある既製のバスタブでは大きさ的にも足りないし、つまらない。そこで提案したのが、AMAN TOKYOの客室で採用されている、大判のタイルをしようしたデザイン。落ち着きのあるグレーと窓から見える植栽のグリーン。モダンジャパニーズリゾートなバスルームに仕上がりました。

| WORKS 37
| WORKS 37

POINT3

リアルな模型とCGパース

Nさまの場合、これからパートナーとなる建築会社選びも重要なポイントでした。ご契約前のプレゼンテーションにより、間取りやデザイン、費用などトータル的にどこの会社と一緒に家づくりをしていくかと選択することは非常に大きな決断となります。今回のNさまへの、プランと模型、CGパースのご用意をしました。

間取りに合わせた模型は、細部に至るまで丁寧に作り込まれていました。例えば、クローゼットの中には洋服がかけられていたり、本棚には本が収納されていたり。そこでの生活が直感的に想像できるような模型を目の前にして、

さらにCGパースでは、Nさまのお好みに合わせた家具を配置。それは全て実際に揃えることのできるアイテムでコーディネートされています。また当初ウォールナット系のダークブラウンを基調とした床材や建具をイメージされていたNさまですが、オーク系の建具にグレイッシュなタイルという真逆の提案をCGで見比べたことで、今までのイメージとは異なるデザインに踏み切れたようです。

| WORKS 37
| WORKS 37

VOICE

お客様の要望を素直に受け入れ、
リアルにプランに反映させる

担当したプロデューサーの小牧は、Nさまの家づくりを振り返り、こんな感想を述べました。「初めてヒヤリングをした時から完成まで、Nさまの持っているイメージや希望、こだわりがぶれることがなかった。なのであまり気を衒わず、要望を素直に受け入れ、より良いリアルな形でプランに反映した。こだわりのポイントはブレないにしても、こちらの専門的観点からの提案には、Nさまも真摯に受け止めてくださったことで、機能的にもデザイン的にも理想的な住宅が完成したように感じます。」

CONTACT

あなただけの
リゾートな家を建てる

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。