こだわりの素材とデザインが調和する、
ラグジュアリーリゾート

WORKS 43

閑静な住宅地のさらに奥まった敷地にひっそりと佇むTさまのお宅。
シックでクールな印象を持つ外観、解放的であり重厚感のある内装など、オーナーのこだわりが集約された唯一無二のリゾートハウスが誕生しました。

| WORKS 43
| WORKS 43

白い壁がない、
日本の住宅らしくない住宅

POINT1

一般的な日本の住宅を思い出す時、ベースカラーには空間を明るく、広く見せる効果のある白が使われ、建具やアクセントウォールなどで個性やこだわりを表現することがほとんどです。
今回のTさまの邸宅は、白の要素がほとんどありません。
多くの面積を占めるベースのクロスにはベージュがかった凹凸のあるクロスが使われています。ご主人こだわりのヴィンテージ感のあるダークブラウンの床材や、随所に使われた表情豊かな石材をうまくまとめる『つなぎ役』の役割を果たしてくれます。
ダークな色でまとめた空間でも、リビングの高い吹き抜け、中庭に面した壁一面の窓など設計の工夫で、こんなにも解放的で明るい空間を実現することができるのです。

| WORKS 43
| WORKS 43

空間にスパイスを、
タイのハンドメイドアート

POINT2

リビングに入ると目に飛び込んでくるのが、宙に浮かぶように設置されたアイアン製のウォールアートです。これは、カジャデザイン独自の取り組みである『旅する建築会社』でタイを訪れた時に見つけたアートスタジオの作品です。ショールームに飾られたアートをベースに設置場所にぴったりと収まるようなサイズに変更し、カラーもデザインに合わせてオーダーをした特注品。シックな空間に対して、ピリッとスパイスを効かすような存在です。

「カッコイイ」を実現する、
家づくりのチーム力

POINT3

もともとインテリアデザインに対して強いこだわりと豊富な知識をお持ちだったオーナーご主人。以前お住まいだったマンションでも、家具などのインテリアには特に気を使っていたそう。そのこだわりを、今回の新築で実現するためにご自身で要望をまとめたプレゼン資料を作成されるほどの情熱をお持ちでした。一つ一つのこだわりに一貫して言えるのは「とにかくカッコイイ」ということ。

モダンでスタイリッシュ、ダークで落ち着いたカラーの中に、木、石、アイアンの質感を取り入れたデザインが理想でした。そのバランスを「とにかくカッコイイ」空間として実現するためのプランを、設計士とプロデューサーで導き出していきました。

| WORKS 43
| WORKS 43

どのスペースにも抜け目のない、
徹底したデザイン

POINT4

Tさま宅のポイントはリビングダイニングスペースだけではありません。
エントランスには、コールテン鋼をアクセントウォールにあしらい、他とは一線を画すデザインに仕上げました。

エントランス、リビングに使われているオリジナル石材『ヴィエラストーン』は、1Fの手洗いにも使われ、大きな木化石の洗面ボウルがさらに高級感と個性を演出してます。

寝室の天井には植物を編んだものを貼ったクロスに化粧梁が渡されています。ベッドに横たわり天井を見上げる時、リゾートのヴィラに滞在しているような解放的な気分を味わえます。

あなただけの
リゾートな家を建てる

CONTACT

東京の注文住宅会社ならデザインと厳選素材で作るデザイナーズ住宅のカジャデザインにお任せください。海外諸国からの直輸入建材で、あなたならではのリゾート空間をトータルコーディネートいたします。